月1万回検索されるワード「離婚したい」をハインリッヒの法則に当てはめると恐ろしい実態が・・

「離婚したい」

という言葉は、Googleによると月に最低1万回、

多い月は10万回検索されているようです。

この検索件数、多いのでしょうか。

それとも少ないのでしょうか。

この数字をハインリッヒの法則をもとに考えると、恐るべき実態が見えてきます。

「離婚したい」と検索される件数「1万件」が示すもの

Sponsored Link

Googleによると「離婚したい」という言葉は月間平均1万~10万件ものボリュームで検索されています。

第一印象では「多い!」と感じますが実際には?

例えばH22の国勢調査によると、日本で配偶者がいる人は6378万6千人

検索するのは一人一件と計算すると・・

配偶者のいる人で「離婚したい」と検索する人の割合はたったの

1万/6378万6千=約0.16%!

多いときの10万件で計算しても1.6%と、とっても低い割合なのですね。

でもこの「1万」という数字をある法則に当てはめてみると、少し違った実態が見えてきます。

「離婚したい」1万件をハインリッヒの法則で当てはめてみる

「ハインリッヒの法則」とは労働災害の発生件数に関する法則の一つです。

1つの重大災害の背後には29の軽微な事故があり、その背景には300の異常が存在する

(wikipediaより引用)

このハインリッヒの法則は労働災害だけでなく、様々な分野に当てはまることが分かっています。

そこで「離婚したい」という件数についても「ハインリッヒの法則」を当てはめてみると・・

1万件の「離婚したい」の背後には

29万件の「離婚したい」につながる些細なトラブルがあり

その背景には300万件の夫婦間のすれ違いが存在する

となります。

1万件を10万件にすると数値はもっと大きくなり、

10万件の「離婚したい」の背後には

290万件の「離婚したい」につながる些細なトラブルがあり

その背景には3000万件の夫婦間のすれ違いが存在する

この3000万という数字は、配偶者を持つ6378万6千人の47%

多い月には、結婚している人の約半分が夫婦のすれ違いを感じているのです。

この数値が再婚を夢見る私に教えてくれること

Sponsored Link

ハインリッヒの法則によって表された上記の実態。

これは、結婚すれば

誰にでも「もうやっていけない」と感じる出来事が必ず起こる

という現実をつきつけています。

いずれは再婚を・・と願う私は心のどこかに

「一度離婚したけど、相手が変われば上手くいくはず!」

「最初の結婚が上手くいかなかったのは相手が悪かったせい」

「完璧な相手となら完璧に幸せな結婚生活を送れる」

という幻想が少なからずありましたが・・

「そんな甘いことはない」

ということですね。

「ハインリッヒの法則」が示す

些細な「ヒヤッと」を放置するといずれ必ず大事故が起こる

という真理。

今更ながらに、普通の結婚生活を送ることがどれほど難しいかを教えてくれます。

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ