人生を立て直すには、もがいて、もがいて、もがいた後に・・底辺の最悪な自分を諦めること。

人生が崩壊し、転落するのはあっという間です。

何もかもが上手くいかなくなり、どんどんどん底へ落ちていく。

そんな時、立て直すにはどうしたら良いのでしょうか。

一番早く人生を立て直すためには、最低最悪な事態をもがくこと。

もがいても事態は変わらないけれど・・

もがかなければ、底辺の自分を受け入れることなど出来ないからです。

崩壊した人生。でも元に戻すことを、諦められない

Sponsored Link

人間はあっという間に、どん底まで落ちていきます。

さっきまで順風満帆で、社会的にも安定した立場でいたはずなのに。

たった1つのことが崩れただけで、人生そのものが崩れてしまう。

私はしっかりとした仕事を持っていて、家庭もあって、子供もあった。

だけど離婚して、子供を1人で育て始めたら

子供は不登園になるし

仕事は辞めなければいけなくなるし

そのせいで私はうつ病になるし

折り合いの悪い実家で近所の目に怯えて暮らさなければいけなくなるし

あっという間に最悪な人生を送ることになって、

でも元々の自分の人生が忘れられなくて、今の自分を受け入れられずに長い間もがきました。

親のせいにして親ともケンカして、でも本当は親のせいでは無いことが分かっていました。

一発逆転を狙って色んな男性に色目を使ってみても、結局誰も救ってくれず。

自分を安売りして、自分の価値を落としただけで終わりました。

事態を改善するためにあれこれ努力したつもりだったけれど、それはただの悪あがき。

でもどうしてももがくことを、止められなかったのです。

もがくのは無意味?もがいたからこそ、最低な自分を受け入れられる

Sponsored Link

どん底だった時、もがけばもがくほど、事態が悪化していたのを実感していました。

「もうあきらめてしまえばいいのに」

あきらめた方がきっと上手くいくということは、自分でもわかっていました。

でもそう思っても・・

というより自分をあきらめるためにも、受け入れるためにも

全力を尽くして悪あがきするしか無かったのです。

でも出来る手を尽くしきって悪あがきした時。

自分に言い聞かせなくても

無理をしなくても

落ち込まなくても・・

最低で底辺な自分を受け入れることが出来るようになります。

その時、嫌でたまらなかった現在やみじめな境遇がどうでも良くなり。

いま「ある」ものに目が向けられるようになります。

すると、底辺でどん底だと思っていた自分の人生が、実はいろいろなものに恵まれていたことに気付くのです。

Sponsored Link

2 Responses to “人生を立て直すには、もがいて、もがいて、もがいた後に・・底辺の最悪な自分を諦めること。”

  1. とち より:

    はじめまして。
    二人の子のシンママです。
    いつもこのブログに救われています。
    毎回読んでは泣いています。
    私は今、最低で、底辺で、どん底です。
    でも、確かに、今「ある」もの確かにあります。
    ありがとうございます。

    • shigeyamamiki より:

      とちさん

      コメントありがとうございます。
      とちさんとお子さんたちの来年が、良い年でありますように。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ