再婚するなら・・同じ「サレ妻」でも、不倫されるより「愛される妻」になりたい

不倫「される」妻を「サレ妻」というのだそうです。

でもどうせ「される」なら、「愛される」のほうが絶対いい。

しかも「愛されて幸せ」な妻になるのが、一番いいですよね。

でも愛されても、幸せじゃない人もたくさんいるのです。

離婚前、私は愛されても幸せじゃなかった妻だった

Sponsored Link

身近な人で「夫婦円満、夫大好き」「夫といて幸せ」という人はどれくらいいるでしょうか?

私は、自分の知り合いや友達の夫婦を眺めてみても、そんな奥様はほんの数人。

旦那さんに不満がいっぱいだったり、「いてもいなくてもどっちでも良い」と思っている人の方が、圧倒的に多い印象です。

そういう私自身も、結婚していた頃は元夫に不満ばかり。

「愛されてる」

「大切にされてる」

なんて、思ってもいませんでした。

もちろん、「夫といられて幸せ」なんて、これっぽっちも。

でも今振り返ると、こう思います。

「好きな仕事をやらせてくれた。」

「私がイライラしていても、そっとしておいてくれた。」

「家事を協力しようとしてくれた。」

などなど、感謝することもたくさん。

それはつまり彼からの「愛情表現」だったのです。

でも元夫の「愛情の表現の仕方」が私の期待するものと違っていたから、私はそれを「愛情」だと思っていませんでした

「してくれて当然」だと思っていたから、幸せだとも思いませんでした。

世の中に、こういう夫婦は多いのではないでしょうか。

夫は愛情表現してるつもり。

でも妻がそれを受け取れず、幸せだと感じられない。

そんな行き違いが、もともとは「愛され妻」だった女性を「不倫され妻」に変えてしまうのかもしれません。

再婚・・相手が変わっても、自分が変わらなければ結果は同じ

Sponsored Link

元夫からの愛情表現を受け取れなかった私。

私はそもそも、「してもらっている」という意識が足りない傲慢な女だったのです。

もちろん自分だけに非があるわけでは無いけれど、私のそんな所が前の結婚を不幸なものにした原因の一つでした。

この時のままの私では、きっと誰と再婚しても、私は幸せになれないでしょう。

離婚とまではいかなくても、毎日愚痴や不満で心がいっぱいになってしまう・・

そう思います。

だから今、「愛されて幸せ」と実感することを大切にしています。

「してもらって当然」だと思わない。

どんなことでも「してくれたこと」にきちんと感謝する。

「もっともっと」ではなく、今してくれていることにきちんと目を向けていくことが、

「不倫され妻」

ではなく

「愛されて幸せ妻」

への道だと思うのです。

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ