あなたがいつも「大切にされない」「蔑ろにされる」ことの本当の原因

恋愛や親子関係など、どんな人間関係でも

「大切にされない」

「蔑ろにされる」

「捨てられる」

時、私たちは「相手が悪い!」「私はついてない」と考えがちです。

でも実は悪いのは相手では無かった・・

あなたが望んだように扱われない本当の原因は、自分の中にあるのです。

いつも蔑ろにされていた私に起こった奇跡

Sponsored Link

私は昔から

「頑張ってるのに報われない」

「頑張ってるのに愛されない」

という不満を持ち続けて生きてきました。

両親にも、我がままを言わずに学校での勉強も頑張り、自慢できるような学校に通っても褒めてもらえない。

それどころか、他の適当な兄弟の方が愛されている気がする

仕事でも、あれこれ気を使って対応したのに、感謝されない。

睡眠時間もプライベートも犠牲にして、「私が」やり遂げた仕事なのに、頑張っていないはずの同僚の方が評価される。

「みんな見る目がない。」

「私はついてない。」

「神様なんていない。」

そう思っていました。

でもここ数年、自分の生き方を見つめ直し、心を見つめなおしていく中で、気付いたことがあります。

それは、両親よりも上司よりも、他の誰よりも私が自分を、大切にしていなかった

評価していなかった。

ダメだと思っていた。

愛される資格なんて無いと思っていた。

ということです。

そしてそう考えるのを止めた時、奇跡が起こりました。

どんな時でも自分を大事に、自分を励ましながら生きると・・

全ての人が、私を大切にして励ましてくれるようになったのです。

自分で自分を信じ通りに、人は私を扱ってくれる

Sponsored Link

今まで、周囲の人が私を大切にしてくれないから、評価してくれないから「私は自信が無いんだ」と思っていました。

でもそれは本当は反対です。

「私が私を大切にするから」

「私は愛されるべき人間だと信じるから」

人は私たちを大切にしてくれる

「自分がこうだ」と信じる通りに、人は私たちを扱ってくれるのです。

だから、家族や恋人や同僚から大切にされたい時は・・

「期待に応えよう」「理想の娘、母親、彼女になろう」と頑張るよりも

「自分が自分を大切にする」ように頑張ってください。

いつでも自分に投げかけたものが、もたらされる。

それが私たちの世界なのです。

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ