「彼氏が結婚してくれません」という悩み。そもそも、男に幸せを一任するのは狂気の沙汰

彼氏がなかなか結婚を決めてくれないと、「どうしたら結婚を決意させられるんだろう」とあれこれ悩んでしまいがちです。

でもそもそも、幸せになるためには「彼に結婚してもらうしかない」と思い詰めているのが間違い

その、結婚を迷っている男には、本当にあなたを幸せにする力があるんでしょうか。

その男は、そんなに凄い男なんでしょうか。

その男と結婚したら、いま持ってるモヤモヤや不安は、全て消してもらえるんでしょうか?

結婚するためなら自分をどんどん不幸にしてしまう「女の狂気」

Sponsored Link

シングルマザーの私が、子供を抱えて一人で生きていくことの不安がマックスだった時。

当時は気付いていなかったけれど、

彼への「結婚して私を幸せにしろというプレッシャー」を最大

にしていました。

それは、「彼には私を幸せにする義務がある」と当たり前のように信じていたから。

付き合っているなら、大切にしているなら。

その人の不安や不満をすべて解消してあげるのが愛。

本当にそう思っていたのです。

この理論に従えば、

「私が不安で、不幸なほど、彼は私を何とか幸せにしたいと望む」

「どうにもならない状況であればあるほど、彼に結婚してもらえる」

そのために、彼への不幸アピールはどんどんエスカレートしていきました。

会えばいつも悩み事を相談するし、(そして暗に「結婚してくれれば解決」を潜ませる)

いつも元気がない顔。

いま思えば「子供か!」と自分を一喝したいのですが、未熟だった私はそれを「愛される手段」と勘違いしていたのです。

そもそも結婚に焦るときは、だいたいが「今の自分への不満」や「将来の自分への不安」を抱えているとき。

その不満や不安を自分でなんとかする自信が無いし、なんとかする根性も無いから、手っ取り早く安心がもらいたい。

だから

「いますぐ、なんとか結婚したい!」(すれば何とかなる。現状を変えてもらえる。将来の不安をまる投げできる。)

となるのだと思います。

そして、相手が助けざるを得ない状況を作るために、ますます自分を不幸に追い込んでいく。

そんな女の行動は、男にとって「狂気」でしかありません。

相手も普通の男です。

そんな狂気に浸った女、誰も引き取りたくなんてないのに・・

そんな当然のことに気づけないほど、「結婚したいと焦る女」は狂気に浸っているのです。

まずは思い込みにまみれた頭をクリアにする。「その男がいなくてもあなたは幸せになれる」

Sponsored Link

「彼に結婚してもらって幸せにしてもらいたい」と望んでいた頃の私の頭の中や言動は、上記のようにツッコミどころでいっぱい。

「男は女を幸せにすべき」

「不幸な顔をしていれば助けてもらえる」

「私は自分の力で現状を変えることは出来ない」

「私の将来は、今のままでは不幸」

こんな間違った思い込みで、彼を追い詰めました。

当然のごとく、彼は結婚してくれなかった。

その時は「私は愛されていないんだ」と思ったけれど、だから良かったのです。

どうせプレッシャーに彼が負けて結婚してくれていても、私は相変わらず間違った思い込みを使って、

「彼から私が望むものをもらうために、私が自分自身を不幸にさせる」。

そんな狂気のゲームを続けたに違いないから。

☆☆☆

どんな男も普通の男で、私たちの人生を魔法のように変える力はない。

私たちの歪んだ思い込みを治せる男はいない。

だから、彼が結婚してくれたからって、私たちの悩みや不安は絶対に尽きない。

「彼が」「〇〇してくれたら」という思い込みを無くすこと。

そして「私が」自分を幸せに出来ると信じてみること。

彼に結婚を決意させる方法を探るよりも、その方が断然、自分が望む未来への近道です。

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ