「人生なんて所詮くだらないもの・・」と諦めれば、不幸の連鎖は終わる

いま、自分の人生に嫌なことばかり起こって、何ひとつ満足できないとしたら

「人生なんてくだらないもの」

そんな風に思ってしまえばいいです。

どうせ最悪なことばかり。

「くだらない人生」なので、これ以上の最悪を恐れる必要なんてないのですから。

「不幸から抜け出そう」とする態度は、最大の自己否定

Sponsored Link

悪いことが起こると、雪だるま式に次々と悪いことが訪れ、人生が思わぬ方向に進んでしまっているような気がします。

まるで「私の大切な人生」が台無しになってしまったかのよう。

こんな状態に陥ることを

負の連鎖

転落

不幸のスパイラル

と表現します。

この状態から抜け出すためには、「なんとか良くしよう」としても意味はありません。

「良くしよう」という努力の裏には、

自分の人生への強烈な否定

今の自分を絶対に認めない態度

そんなものが隠れているからです。

だから、何かをすればするほど、それが上手くいかなければどんどん自分の人生が嫌になる。

自分のことがどんどん嫌いになる。

じゃあもう、「人生を良くしようとすること」を止めてしまいませんか。

私たちの人生なんて、しょせん「こんなもの」なのです。

こんなにくだらない、嫌なことばかり。

でも、いいじゃん別に。

これは決して自暴自棄になることではなく、

「自分の人生に何が起こっても大丈夫」

と、自分と人生を究極に信頼することであります。

こんなにくだらない人生でも、愛せる自分になる

Sponsored Link

私の人生が転落の一途をたどり、それでもその状態からなぜか抜け出せたのは、ひとえに

「ほんとに最悪な人生だなぁ・・もうどうでもいいや。」

と心底思えたからだと感じます。

誰にどう思われても、自分がどんなに惨めな状況でも、「どうでもいいや、それが自分だ」と認められたときに、初めて自分の人生をまるごと肯定できます。

そうなったら、その瞬間から私たちは幸せです。

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ